入試の内容は?

入試の内容は? パティシエを目指す人が学ぶ場、パティシエ専門学校の入試は多くの場合、高等学校卒業程度の学力があると認められた人が受験することができます。
では、最終学歴が中学校の人は受けられないかというとそうではありません。
最終学歴が中学校でも18歳以上なら入試を受けることは可能です。
大抵の専門学校には入試制度が複数あって選ぶことができます。
学校よって違いはありますが、高等学校の校長もしくは進路指導担当や担任が推薦することで受けられるものや、学力ではなくやる気を重視し、面談によって合否を決める制度があります。
専門学校によっては特待生制度を設けているところもあり、特待生になると初年度の納入金が免除されるなどの優遇が受けられます。
特待生制度は単願であるなどの条件が付いているのが普通です。
試験内容の中にはパイピングやカッピングなどの実技試験が含まれており、パティシエとしての将来性や受験者のやる気を重視した選考内容となっています。

パティシエ専門学校のレベルはどうやって判断するの?

パティシエ専門学校のレベルはどうやって判断するの? 近年、パティシエを目指す割合が増えてきています。
よくある就きたい職場ランキングでも上位に食い込んできています。
ですがパティシエと一口に言っても、どの学校に行けばいいのか、短大か専門学校か、そのような疑問が出てきます。
パティシエの育成のレベルが分からず、単純に学費が安い学校に行くと、結局その程度の技術と食材しか与えられません。
やはり大手の学校にもなると、卒業生が一流として名前を残しているので、そういうところも確認しておくことも大事です。
選ぶときに何を基準とするかとして、憧れのパティシエがいたからというのも学校選びの基準に入ります。
そしてより必要性を感じるのが、カリキュラムの中に実践的な授業が組み込まれているかです。
勉強面で知識を入れ込むのも大切ですが、いざ大事になっていくのは実践的な部分です。
学校を卒業して、即戦力として活躍したいなら、そういった実践的なカリキュラムを重視した学校に通うのが、よりレベルの高い学校と判断できます。

新着情報

◎2018/2/6

入試の内容は?
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

パティシエ専門学校で作るケーキ
の情報を更新しました。

◎2017/9/5

パティシエ専門学校で海外研修へ
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「パティシエ レベル」
に関連するツイート
Twitter