パティシエ専門学校で海外研修に行けるってホント?

パティシエ専門学校で海外研修に行けるってホント? パティシエ専門学校は、在学中に特別な海外研修に行くことができます。食の本場であるヨーロッパを中心に、訪問します。
パティシエ科を卒業するには海外研修が必須な学校も多く、現地の学生と交流会を楽しんだり、ホームステイで異国の食文化を学びとります。
パティシエ専門学校の学科によって行く国も異なり、例えば製パンは本場であるフランスやドイツで研修を行います。チョコレートなどの製菓はベルギーへ向かいます。
姉妹校などでの製法や基礎知識の勉強だけでなく、現地の工場見学や買い物も楽しめるので、カリキュラムの一部だからといって勉強ばかりなんてことはありません。
また、夕食会はミシュランの星つきのレストランで行われることも多いので、貴重な体験ができます。
本場の技や仕事ぶりを肌で感じることができ、日本にはない菓子と出会う機会にもなるので、この研修はパティシエを目指す学生にとっては有意義な時間となることは間違いないです。

パティシエ専門学校のフランス留学で学べること

パティシエ専門学校のフランス留学で学べること 将来、パティシエとして働きたい人は、パティシエ専門学校に通うと、その目標を達成できますが、フランス留学をすることなども可能となるため、更なるレベルアップを目指せます。
フランスはスウィーツの本場でもあるため、様々な技術を身につけることができます。チョコレート細工や飴細工など、細やかなものをつくるための技術を習得することもできます。
的確に作業をするための知識を身につけ、細工に必要な材料や方法なども知ることができます。実際の店舗でパティシエとして働くための基礎を知ることもできます。
更に語学を習得することで、本場のものの良さを実感できる場面も多いです。パティシエ専門学校では、お菓子の歴史なども学びますが、フランス語を理解するとその名の由来などもわかるので、さらに理解を深めることにも直結します。
実践の場も増え、厳しい環境で働く前の礎となる場面も多くなり、社会人ならではの緊張感を体感することもできます。

新着情報

◎2018/10/10

大卒でも専門学校に行くべき?
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

専門学校で実践を学ぶメリット
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

入試の内容は?
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

パティシエ専門学校で作るケーキ
の情報を更新しました。

◎2017/9/5

パティシエ専門学校で海外研修へ
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「パティシエ 海外」
に関連するツイート
Twitter

デザインの勉強しに海外に行ったのに、興味あるからってパティシエになるって凄いなぁ…

返信先:@bethcooo 普段、日本じゃ買えない物が多いからね~💦日本と違って海外の有名なパティシエとかは本当にスターだしね。

サロン・デュ・ショコラめちゃくちゃ楽しかった! 会場中にチョコの香りが充満してる幸せ空間で試食しながら、美味しいチョコを購入出来る素晴らしい時間でした 辻口シェフの獺祭抹茶トリュフ美味しすぎる! 海外パティシエ&ショコラティエかっこいい! pic.twitter.com/iYnXRDIoeg

ぶたさん @syotakonbuta どこかの街の洋菓子屋さん。お菓子作りが好きすぎて、海外に修行にもいったらしい。実は凄い賞を取る程のパティシエらしいけど、街の人はみんな知らない。彼もそれでいいみたい。

妹が新宿で開催中のサロン・ド・ショコラ2019に行ってて、今まさに写真じゃんじゃん送ってくれてる。海外の有名パティシエが沢山来日していて名前は知ってるんだけど、顔が全然わからない姉.. チョコレートの写真の方が見たいかも... #サロンドショコラ2019 #新宿NSビル

お客様が購入してるのを見て、海外パティシエさん達は言葉が通じないからひたすらにこにこしてたのが可愛かったな〜😌 今日はカカオハンターの小方真弓さんとモリヨシダの吉田守秀さんとゆっくりお話出来て嬉しかった。美味しいチョコが食べられる事に感謝です🙏🏻✨ #サロショ

返信先:@ruw_txd もっと凝った本格的なパティシエ作品も最後容赦なく壊す動画もあるんですよ…海外のお菓子職人は最後壊すのがお好き…

会場でお裾分けして、全体のお写真がないのですが😅 ドゥブルベボレロさんはマカロンも焼き菓子も絶品です! しかもこのお味とクオリティで、お値段が信じられないようなお手頃価格です! 海外パティシエさんのケーキをひとつ買う価格で、ボレロさん、3つか4つ買えてしまいます。 pic.twitter.com/oB2RkVNFUM

インスタ海外パティシエさんたちがお菓子作る工程を動画で載せてくれてて、作り方もさることながら、使ってる道具を見ていちいち「その型欲しい!そのシート欲しい!そのオーブン欲しい!」と欲求が止まらないんだけど最近の動画はカットするとこまでが一連の流れで、その包丁も欲しい!ってなる。

海外で受賞歴の豊富なパティシエのブランドは強いなあ。

Twitterパティシエ人材紹介@cakechef88

返信 リツイート 1/22(火) 8:48